5つの流れで転職を成功させる

 転職は企業と向き合う活動ですが、自分自身と向き合う活動でもあります。それを考えずに企業のことばかりを意識していると、納得のいかない結果ばかりになってしまうかもしれません。どう自分自身と向き合い活動していくべきなのかを知っておくことは、必ず転職の助けとなってくれるはずです。

 

 

転職準備こそ自分自身との対話

 

 転職準備が、活動全体の中で最も自分自身と向き合わなければならない作業となるでしょう。キャリアの棚卸しから性格分析、転職目的の設定などは、自分との対話によって生み出されるもの。それらによって退職のタイミングも変わってきます。時間をかけて自分と向き合い、充実した準備期間としましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

自分と向き合いながら求人情報と向き合う

 

 求人サイトなどで情報を探す時にも、自分自身と向き合う意識を無視することはできません。正直な気持ち、企業に適応できるかどうか、求人情報から読み取れる募集人材の必須能力を備えているかどうか。これらを自分自身と向き合いながら探し、見つけ、応募への道筋をつけていきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

応募書類に書きたいのは本当の自分

 

 自分と向き合った結果を履歴書と職務経歴書に書き連ねていきます。そこに本当の自分とのギャップがないかも、改めて確認しながら各欄を埋めていかなければなりません。虚偽などがあれば後で困るのは自分自身です。見栄を張る自分ではなく、自分の真実を書くことを忘れないようにしましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

50歳の自分の表現を考え挑みたい面接

 

 面接は、応募書類の延長線上にあると考えておきましょう。それを、より自分の表現で披露する、これが面接です。気持ちは若いかもしれませんが、しかし実年齢は50歳。この年齢であることを自覚し、50歳の自分と向き合って表現方法を見出していくことが、面接のポイントとなります。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

自分と同時に会社とも向き合いながら退職を

 

 自分と向き合い、そこに確かな意志を見つけることができれば、退職について深く悩むこともないでしょう。ただ、会社側への配慮を欠き過ぎてはいけません。ここがその他の転職活動とは少し違う部分。自分と会社、双方としっかりと向き合いながら退職へと向かっていきましょう。

 

 

【参考記事】