面接時、意外と使ってしまうNGな言葉づかいとは?

言葉尻に気を付けよう

 どんなに説得力のある内容の話をしたとしても、言葉の最後がぼんやりしてしまっていたら全て台無しです。例えば、「○○だと思いますが・・・」「○○ですけれども・・・」などと、次の言葉が続きそうなところで話を終えてしまうと、言い切りができない優柔不断な人というイメージがついてしまいます。

 

日常の口語に要注意

 たとえば「バイト」→「アルバイト」、「ちょっと」→「少々」、「やっぱ」→「やはり」など。普段の癖でついつい出てしまいがちな言葉には注意が必要です。自分の言葉で、伝えたいことを話すのは大切ですが、あまりに口語表現がくだけ過ぎていると、マイナスになってしまう恐れがあります。

 

曖昧語の多用

 これも、口癖になっている人は要注意です。例としては、「なんか」、「とりあえず」、「色々と」など。表現がぼんやりしていて、その人自体も優柔不断で積極性が無いという印象を受けてしまいます。

 

語尾を伸ばす

 「○○ですから〜」、「そうですねぇ〜」など、やたら語尾を伸ばす話し方も、だらしなく聞こえます。語尾をぴっと切るだけで、誠実な印象を持たれますので、意識して行うようにしましょう。

 

 これらの言葉づかいに気を付けるだけで、言葉への説得力がグンと増しますので試してみることをおすすめします。