転職は経験のある分野で行うべきか否か

転職にこれといった決まりはない

 転職はとても自由なものです。誰でも自分のタイミングで、好きな仕事を希望することができ、それを阻むものはどこにも存在しません。希望しても転職活動が上手くいかなかったり、職場の都合により転職を止められたりと、相手がいるものなので自分の判断だけでは行動できなかったりということはありますが、厳格に守らなければならない決まりはないのです。それゆえに、かえって行動に迷ってしまうこともあります。

 

どんな仕事に転職するべき?

 転職先の選択は自分次第です。それまで培ってきた能力を活かす仕事をと望むのも、まったく関係ない未知の仕事に進もうと思うのも、全ては自分の意思一つで決めるものですね。選択次第で、未来は大きく変わることになるでしょう。これまでと同じ仕事は世界が変わるような変化は期待できないものの安定感はあり、未知の仕事は無限の可能性があるものの不確かな存在です。転職後の生活の保証が欲しいのか、それとも自分に本当にあった仕事を探したいのか、転職の意味を見出せるかどうかは自分次第ですので、よく考えて決めてください。ただ一般的な傾向でいえば、20代や50代の方は新しい分野の仕事を、30代40代の方は馴染みある分野での職をと希望することが多いようです。