途中入社だから気を付けたいこと

組織になじむ努力をする

 

 50代はキャリア採用であることが多く、いきなり部署を任されるケースも少なくありません。ですが、いくつであっても、転職先では新参者ですし、まずは会社のルールやシステム、仕事の流れを把握することが先決です。

 

 部下に仕事について教わる機会も多いので、職位を前面に出すような接し方をするのは好ましくありません。まずは、自分から積極的にコミュニケーションをはかり、組織になじむ努力をすることをおすすめします。

 

 そこで社員を見極めることが、後に仕事のうえで役立つはずです。

 

結果を出してから業務改善を勧める

 

 経営陣は50代の中途採用者に対し、コストや効率のムダの削減を含めた、業務改善の推進を期待していることが多いものです。ですが、提案をしても実践しなければ無意味ですし、新参者の言うことを積極的に推進してくれる社員は、それほど多くないのが現実です。

 

 だからこそ、仕事で目に見える結果を出し、周囲に認めてもらうことを意識し、社内でいち早くポジションをつくることが先決です。仕事で認められれば、協力者は増えていくので、まずは自ら率先して成果をあげることにこだわりましょう。

 

 そのうえで、さまざまな提案をしてみてください。

 

 

【関連記事】