退職・入社

退職・入社記事一覧

円満退職はタイミングをはかるところから 50代ともなれば、転職後に大きな結果を出すためには、人脈をフル活用できる余地を残すことが大事です。だからこそ、勤務先を円満退職することも、転職成功には不可欠な要素です。 50代の中でも役職者の場合、自分の都合だけで退職日を設定することは難しいのが現実です。会社の決算期や繁忙期を避けて引き継ぎを行う必要がありますし、後任人事が社内で調整できるとも限りません。 ...

入社の諾否は慎重に行う 50代の転職は、入社後にミスマッチに気づいても、リカバーするのは難しいことを、認識して臨まなければなりません。転職活動のゴールは内定を得ることですが、入社の諾否は慎重に行うことをおすすめします。 そのジャッジをするためにも、応募企業に関する情報収集を徹底しておく必要があるのです。 面接の機会はもちろん、内定後の労働契約内容の確認のために企業を訪れることもあると思うので、自分...

組織になじむ努力をする 50代はキャリア採用であることが多く、いきなり部署を任されるケースも少なくありません。ですが、いくつであっても、転職先では新参者ですし、まずは会社のルールやシステム、仕事の流れを把握することが先決です。 部下に仕事について教わる機会も多いので、職位を前面に出すような接し方をするのは好ましくありません。まずは、自分から積極的にコミュニケーションをはかり、組織になじむ努力をする...

悩まず早めに対処が望ましい あなたがもし慰留されたら、早めに対処に乗り出してください。会社からの引き止めの対応として重要なのは、スピード感を持つこと。少しでも悩んだり迷ったりしていたら、引き止めをストップさせることはどんどん難しくなってしまうでしょう。 例えば、退職に関して「考え直して欲しい」と言われたとしても、「考えさせてください」などと言うのはあまり適切な対応ではありません。その後の作戦があれ...