面接マナー

面接マナー記事一覧

面接前のマナーで気を付けたいこと 面接は、連絡を受けたときから始まっているといっても、過言ではありません。在職中の50代は特に、面接日時の設定にも注意を払う必要があります。 というのも、基本的に応募企業は、現職の勤務時間内での面接を希望することが多いからです。この場合、昼休みを利用するか、有給休暇をとって対応するのが原則で、勤務時間中に中抜けしてくる応募者に対して、良い印象を持つことはありません。...

どの企業でも必ず聞かれる質問例 中途採用のための面接で、企業が確かめておきたいことの基本は、募集職種に対応する経歴の有無、自社への入社の意欲の強さ、採用のメリットを感じられるかという3点です。 そのため、必然的にどの企業でも聞かれる質問が決まってきます。以下の質問については、どの企業でも聞かれますので、あらかじめ回答を考えておきましょう。ただし、応募企業ごとに違う採用ニーズを念頭におき、アピールに...

より深い企業研究を行う 面接の連絡がきたら、まずすべきことは、応募書類の控えと企業研究のメモを用意し、さらなる情報収集を行うことです。企業のホームページを閲覧し、代表者名や企業理念、事業ビジョンを覚えるつもりで読んだり、応募企業や製品・サービスに関するニュースを検索して目を通したり、市場でのシェアやライバル会社の動向を探ることで、現在の課題を自分なりに考えます。 そのうえで、入社後に自分のどんなキ...