50代の仕事探しのサポート

1.経営手腕が必要

 50代が仕事探しするうえで、前提としてあることが望ましいのが経営力です。たとえば取締役や執行役員経験があるかどうかということです。起業経験も考慮される場合がありますが、起業したはいいけれど数年で倒産してしまった、というのでは余り評価されないかもしれません。
 このように50代が仕事探しするためには会社の中枢となって代表取締役を補佐し、あるいは自ら代表取締役等になって会社を牽引してきたという実績がモノをいうのです。
 しかし実際このような実績を持つ者は、50代といえどもそれほど多くないとは思います。それでは転職できないのか、というとそういうことではありません。次章でその点について解説します。

 

2.足りないものをカバーする。

 50代で必要なスキルは経営力だといいましたが、企業の頂点に位置するそうした人材はいうまでもなく少数です。つまり経営力がある、とはいえない50代が殆どだということです。
 ではこのマイナス分をどこでカバーしたらいいのでしょうか。そもそも他の要素でカバーできるのでしょうか。できます。以下にそのポイントを挙げてみましょう。

 

1)スペシャリストを探す
 専門といえる職種を探してください。これだけは誰にも負けないと自信を持って言える職種です。とはいっても誰よりも製本が綺麗に早くできる、文字が綺麗、どんな種類のビジネス文書でも書ける、等といったものではありません。これらはアルバイトでもパート社員でも派遣でも、複数社の経験の中で上達していくものです。ここではそういったことを言っているのではなく、例えばいくつものプロジェクトを立上げ、牽引し、ビジネスチャンスを作り上げてきたといったものや、決算書類の作成・取り纏め、監査実績あるいは豊富な被監査経験、株主総会全般業務、株主対応、あるいは国家資格を持ち、その父記を
長年に亘って会社の中で活かしてきたといったものなどです。このような専門性が自分の中にないか、棚卸をしてください。

 

2)成功体験を見つける
 直接あるいは間接的にでも会社の利益に貢献した事柄をアピールします。一つの事業を立ち上げたり、その為に一つの新しい組織・部署が誕生した、そのきっかけ作りに関与したといったものや、会社立て直しのために行った実績等、規模に関係なく、そういったものをできるだけ簡潔にまとめ、応募書類に書き、面接の場で話せることが大切です。

 

3.まとめ

 50代からの仕事探しは最後にしたいものですが、非正規雇用の為、今後も複数回仕事探しをする可能性があるということも視野に入れておくと、仕事探しも精神的に楽になります。スバ抜けた高度なスキルを有していても、求人の絶対数が少ないのは事実です。そうした中で正規社員のみを目指すのは多くの時間を要することも覚悟しておくべきです。しかし生活の糧は必要です。従って非正規雇用も積極的に受け入れ、常にビジネス経験を肌に感じながら進むことも大切な要件と思うことも頭に入れておいて下さい。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
業界最多の求人情報数を誇るリクナビNEXTだから見つかる!

 

 

更新履歴